ASIA (エイジア)

3月7日 東京厚生年金会館 ASIAのコンサートに行ってきました。
80年代を代表するグループの一つです。
各メンバーが、イエス、キング・クリムゾン、EL&Pとプログレシック界を代表するグループに在籍した経歴の持ち主達で、ただのポップなヒット曲だけでは済ませない、もの凄い奥深さを秘めたグループです。
ギターのスティーブハウ、ドラムのカールパーマー、キーボードのジェフダウンズ、ボーカルベースのジョンウェットン。
このメンバーでの演奏をこの目で見る事が出来るとは、無理だろうとあきらめていた、黄金のオリジナルメンバーです。

会場は40代50代の人達で満員です。
何回かの公演は瞬時にチケット売り切れ。
私は前から6列目、頑張った甲斐がありました。
「威風堂々」の音楽にのり、メンバーが登場すると会場は大興奮。
オープニング曲は「タイムアゲイン」もう私は感動のあまり失神状態です。
観客の中には達人達のテクニックを一目見ようという、各メンバーのファンが大勢います。
その為(私の事ですが)指先にばかり視線が行ってしまい、中々弾け切れません。
しかし、あまりの超絶テックニックで繰り広げられる名曲の数々に、徐々に我を忘れていきます。
ライブ中盤でやっと椅子に腰を下ろして小休憩。
しかしすぐに立ち上がり腰の痛さも忘れて、大満足で公演は終わりました。

夢のような時間でした、昔バンドを組んで一緒にエイジアに狂ってた、友人Sに何年ぶりかで、電話しました。
今まで見た外タレの中ではNO1のコンサートでした。
生で聞いたイエスの名曲「ラウンド アバウトゥ」は、最高のサプライズでした。

マニアックな内容になってしまいましたが、この感動を書き込まずには入れませんでした。

コメントを残す