職場体験

当社は数年前から中学生の職場体験の授業を引き受けています。
地元の中学生が実際に働いている現場で、一緒に働いて実体験をして将来の進路に役立てようという中学校の授業です。
大体2~3日くらいでやります。
ことしから受け入れる中学校が増えて2校になりました。

今年来た生徒は又ユニークでした。
仕事は一生懸命です。
周りの大人達にも頑張ってコミニュケーションを取っていました。
頑張る姿が見えれば見えるほど、みんなからかわいがられます。
私が毎年生徒に与える課題は①仕事を探す②とにかく考える
以上の2点を課題として与えます。

大きな分かりやすい仕事が終わった後、自分で考えて仕事を探さなければなりません。
今年の生徒は工場内敷地内を、誰に言われる事無く長時間きれいに掃除していました。
ほうきを振りすぎて手に豆が出来てそしてつぶれていました。
中学生のその姿は感動的です。

自分で考えて仕事を探すという事が出来ない大人もいっぱいいます。
仕事をするということは自分の生き様の小さな縮図のような物だと常日頃考えています。
まさに宗教にも似たような哲学だと思います。
中学生の彼に大きな転機を与えるかもしれない職場体験の3日間はこちらもプレッシャーがかかります。
でも笑顔を絶やさないで、時には真剣な顔で汗をかいて、時にはおどけながら周りを笑わす彼の姿には、こちらも救われますし楽しくなります。

中学生!!これから大きな希望の未来が待ち受ける年代です。
T君の大いなる未来を祈ります。

先日お礼の手紙が届いて、「必ずくるるでのクリスマスイベントには遊びに行きます」と書いてありました。
違った意味でクリスマスが待ちどうしくなります。

コメントを残す