東京も浦和もACL終わってしまいました

日本勢のACLが終わってしまいました
両チームともベスト8進出に、悔しすぎるほどもうちょっというところまで来ましたね
FC東京は秋元選手のスーパーセーブで試合を引き締めていました
秋元選手が東京に入って一番の魅せた試合じゃないですかね
見ていて興奮しました
しかし最後にはじいてしまったボールを決められてしまいました
東京は大いに悔いの残る試合じゃなかったでしょうか
私もしばらく怒りでウロウロしていました

日曜日のガンバ大阪戦のキャッチフレーズは「乗り越えなければいけない理由がある」
乗り越えてくれよ 城副東京
そして東京を救ってくれ我らが平山相太よ!!


SOCCERKINGより

昨夜は帰宅後疲れていて眠ってしまいました
慌ててテレビをつけたときはPK前でした
しかし浦和の頑張りや死闘ぶりは解説者の会話で伝わってきます
浦和に応援しましたよ!!
しかしPK時の森脇のアップだけは耐えられませんでした
お前だけは失敗しろ!と願っていましたが、成功した時にほっとしている自分がいます
不思議ですね
やはり日本勢が勝利してほしいですよね
西川選手はどうしちゃったんだろうね
まったりとした動きが余裕に見えない
国立での塩田選手とのGK対決はそれは余裕たっぷりに感じられたもんだけど、昨日はすべて反対に飛んでました

ポポによって浦和の選手になってしまった李忠成選手はかっこよかったな
お疲れさまでした


浦和レッズオフィシャルより

2 thoughts on “東京も浦和もACL終わってしまいました

  1. みや says:

    SECRET: 0
    PASS:
    終わってしまいましたね…
    相太が出なくてもチームが勝つならといつになく寛大な心でみていたのに(((^_^;)
    結果、あまり相太の出番はなく不完全燃焼です

  2. 管理人 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    残念ながら我らが相太の出番はありませんでしたね
    でもまだ寛大な気持ちは私は続いています
    ガンバ戦ですね
    城福監督がどう出るか、楽しみです

コメントを残す