コッツウォルズストーンの内壁


現在横浜で建設中の建物に、一部内装にコッツウォルズストーンを使用しました。

建物はまだ完成していませんが、写真を撮ってきました。

コッツウォルズストーンの成分は主に97%の酸化カルシウムで構成されています。
酸化カルシウムはしっくい、乾燥剤等々、化粧品にも使用されています。

酸化カルシウムは殺菌性が高く中には空気中のカビや汚れを取るという製品もあるそうです。

この壁の室内はいつもコッツウォルズストーンが空気をきれいにして、健康的な環境を作り出しています。

コメントを残す