現場リポート Report

HOME » 現場レポート » Matsubara

 


毎月第3週の土曜日は、ワークショップ開催日です。


 


4月21日(土)のワークショップは「ドライフラワーリース」のワークショップでした。


 


 リースの由来やドライフラワーの取り扱い方、飾る場所、お手入れ方法などをレクチャー。


 


ヨーロッパや北アメリカでは、古くからリースは幸福と幸運を呼び込むと言い伝えられています。


リースはとっても縁起物の良いものなのです。


新築のお祝いなどに手作りのものを送るのもおすすめです。


 


<今回のドライフラワーのリースに用いた花材>


☆スターチス(ピンク色の花)


☆ヒペリカム(赤い実物)


☆エリンジューム(紫色の花)


☆レモンリーフ(葉物)


 



 


花材を大まかに4等分にしておきます。


これは、リースを端からきっちり作ったときに、材料が足りなくなってしまうことを防ぐためです。


作るのに慣れるまでは、このようにするとバランスよく作れます。



 


グルーガンを用いてドライフラワーを接着していきます。


グルーガンは接着が乾くのが早く、作っていくのが簡単なため、最近はよくDIYで使われます。


グルーガンや溶けたグルースティックは高温です。火傷には十分気を付けて使ってください。


レモンリーフで蔓の土台を大体隠します。


交互にずらして接着していくと、自然な仕上がりになります。



 メインとなるスターチスを接着していきます。


葉を持ち上げながら、挟み込むように花を接着すると立体的に。


凸凹高低差をつけたり、正面に向くものは茎を短めに、垂直に立てて接着すると立体感がより出ます。


 


スターチスで形が作れたら、アクセントとなるヒペリカムを接着していきます。


均等にレイアウトするもよし。固めて付けてポイントにするもよし。


レイアウトの仕方で個性が出ますね。



 


正面からだけでなく、リースの側面から見てもきれいになるように、お花をつけていきます。


ちょっとしたしたことですが、ぐっと仕上がりがかわりますよ。



 


 取れそうになってる花はないか、側面もしっかり花がつけられているか、土台の蔓が見えているところはないか、


クモの巣のようになってる接着剤の糸をきれいにお掃除して完成です!


 


直射日光の当たらない湿度の低い部屋で飾って楽しみましょう♪


 


 


次回は5月26日(土) 10:30~12:00


~ドライフラワーリース ワークショップ~


 はじめての方も安心。親子で楽しく。


小さいお子さんを連れてご参加いただけます。


お花に触れて楽しい時間を過ごしてみませんか?


皆さんのご参加お待ちしております。



 



毎月第3週の土曜日は、ワークショップ開催日です。


 


3月17日(土)のワークショップは「生花から作るドライフラワーブーケ」のワークショップでした。


 


 


 


プリントを用いてドライフラワーについての解説。


ドライフラワーに向くお花や、ドライフラワーにする時の注意点などをレクチャー。


ドライフラワーの寿命やお手入れについてなどお話させてもらいました。


 



 


今回使用した花材はこちら。


・ベルベットのような質感のネコヤナギ。


・サーモンピンクのスターチス。


・スプレーバラ


・今が旬のクリスマスローズ。クリスマスローズもドライフラワーになります。


・レモンリーフ



 


生花を束ねてドライフラワーにします。


ただ1つにまとめるのではなく、1本のお花を軸にスパイラル(茎が、らせん状になるよう)に束ねます。


 スパイラルに組む練習から。



 


慣れないうちや、お花の本数が増えてくると、お花を握っている手が釣ってしまい難しいテクニック。


しかし、スパイラルに茎を組めると、結束の位置が一点に集まるので、結束した時に花束の形が定まります。


お花とお花がくっつかないのでふんわり仕上がり、茎もそろって美しいのです。




 


何回か練習したのち、本番です。


クリスマスローズも茎が太いので、結構なボリュームに。


皆さん初めてなので、机に置いた状態で1本づつお花を足して束ねていきます。


慣れるまでは、このようにすると作りやすいのでお勧めです。



 


輪ゴムで止めてお花の向きや、長さを調整して形を整えます。



 


吊るせるように、麻ひもやラフィアで結びます。


輪ゴムが見えないように、上手く麻ひもやラフィアを巻き付けます。



 


ブーケの完成!


直射日光を避け、風通しの良いお部屋で乾燥させてドライフラワーにします。


落ち着いたトーンのドライフラワーは、生花とは違った雰囲気。


ナチュラルなインテリアの演出を楽しめます。


 


 


 


次回は4月21日(土) 10:30~12:00


~ドライフラワーリース ワークショップ~


 はじめての方も安心。親子で楽しく。


小さいお子さんを連れてご参加いただけます。


お花に触れて楽しい時間を過ごしてみませんか?


皆さんのご参加お待ちしております。




毎月第3週の土曜日は、ワークショップ開催日です。


 


2月17日(土)のワークショップは「花咲く枝もの、生け方、楽しみ方」のワークショップでした。


お花を長く楽しむコツや、花瓶の簡単アレンジアイディアなど、お花を生けながらレクチャーしました。


 


まずは、テキストを元に色の組み合わせ方や、形の違う花の組み合わせ方、


買ってきたお花の水揚げ方法などをお話ししました。



 


いろんな種類の花瓶を持っていたら、お花に合わせて使い分けて楽しめますが、


花瓶も場所を取りますし、いくつも・・・というのはなかなか難しいもの。


シンプルなタンブラー型の硝子の花瓶をアレンジして、いろんな見せ方で楽しむことが出来ます。


今回はひな祭りも近いので、ひな祭りを意識した色彩でアレンジ。



 


硝子のタンブラーに桃色の和紙を巻きます。


ちょっと着物に見立てて、折を付けてみたり。端をノリで固定します。



 


レースのペーパで上からデコレーション。


あしらい方で個性が出ますね。



 


和紙とお花の色をみて、ラフィアの色を選びます。反対色を用いるとアクセントになります。


和の中心で帯を結ぶようにラフィアを結びます。



 


主となる枝もので、おおまかな形を作ります。


生けた枝ものは、桜の中で一番初めに出回る、小輪の「啓翁桜」。


 


 


フォーカルポイントとなる八重咲のチューリップを生けて、


香りの良いフリージアを飛ばすようにあしらいます。


フリージアの甘い香りに思わず鼻を近づけて、深呼吸。



 


最後に、お花の向きを整えて完成です。



 


枝ものが入ると、お花の量が少なくても見栄えがします。


枝ものは、お花が終わっても新芽が芽吹いてきたり、変化も楽しめます。


4月頃までは花咲く枝ものが花屋さんに並び、楽しめるオススメの時期です。



 


次回は3月17日(土) 10:30~12:00


~生花から作るドライフラワーブーケ ワークショップ~


 はじめての方も安心。親子で楽しく。皆さんのご参加お待ちしております。




昨年に引き続き、今年も毎月第3土曜日にワークショップを開催します!


今年は、日々の暮らしで草花を気軽に楽しんでいただけるような内容のワークショップを開催する予定です。


コツやアイディアをお伝えして参ります。


 


1月20日(土)は2018年最初のワークショップは「寄せ植えづくり」


5月頃まで楽しめる草花で寄せ植えを作りました。


 


鉢もいいけど、ちょっとひと工夫加えたい。


可愛い雑貨を鉢にして、「置くだけで絵になる」そんな寄せ植えです。


 


鉢にしたのは楕円のブリキのバケツ。



お水やりをしたときにお水が溜まらないように、コンクリート用の釘を使って穴を空けます。


釘の穴が小さいので、9カ所開けました。



 



 


植え込むのは、すっと伸びたレースラベンダー、ビオラ、もこもこ可愛いスウィートアリッサム。



 


 植え込む前に、苗の下準備。


根が回っているビオラは、株下1cm程度、根を切り取りほぐします。



 


器に苗が納まるように、他の苗も根を軽くほぐします。



 


器に鉢底ネット敷いて、1センチ程度土を入れます。



 


 今回使用したのは、この土。


ココヤシの繊維で出来た土、圧縮されたものを水で戻すと6倍に増えて、ふかふかです。


土の処分ってなかなか難しいもの。この土は使用後に可燃ごみとして出せます。




 


背の高いラベンダーを中心にしようか、左右に持っていこうか…


バランスや花の配色を見ながらレイアウトを決めて植え付けていきます。



 


苗と器、苗と苗の間の空間に土を入れていきます。


狭い場所は、割りばしを使ってしっかり土を入れていきます。



苗が傾いてないか、微調整、チェックして完成です。



同じ花材を使っても、花の配置で雰囲気が変わります。


海外のおしゃれな缶などを使うのもお勧めです。


ディスプレイを考えるのも楽しいし、プレゼントしても喜ばれそうです!



ワークショップ終了後には、前日にイギリスから帰ってきた社長のお土産話とチョコレートでティータイム。



 


次回は2月17日(土) 10:30~12:00


~花咲く枝もの、生け方、楽しみ方 ワークショップ~


 はじめての方も安心。親子で楽しく。皆さんのご参加お待ちしております。



 



12月16日(土)は毎月恒例のワークショップ開催日でした。


 


2017年最後のワークショップは「お正月リースづくり」


お正月リースは、しめ飾りを洋風にデコレーションしたものです。


 


 しめ飾りは、しめ縄に縁起物を飾り付けたのが始まりと言われています。


「玄関に飾って神様をお迎えし、一度家に入った神様に留まってもらう。」


そんな、意味合いがあります。


 


まずは紙垂に見立てた和紙のお飾りを作ります。


好みの和紙2色を使って作ります。組み合わせでだいぶ雰囲気が異なりますよ。



 


 


実り多い年になりますように!


願いを込めて、稲穂をしめ縄に付けます。



 


松ぼっくりや松、千両のピックなどおめでたいお飾りを、


グルーガンを使ってしめ縄にお飾りを付けていきます。


造花もあしらって、華やかなお飾りに。



 


 最後に水引で「あわじ結び」を作ります。


 今回の一番難しいところ。


 


 


水引のあわじ結びの形を整え、しめ飾りに付けます。


金銀の水引で、より一層華やかになりました。



 


 


お正月リースの完成です!


早春をイメージする黄色の造花をあしらったお正月リースは、とても清々しさを感じます。


手作りしたお正月リースで迎えるお正月。


良いお年をお迎えください。


 



 


 


 


 次回は1月20日(土) 10:30~12:00


 ~寄せ植え ワークショップ~


 みなさんのご参加、お待ちしております!



 


 




第13回ワークショップ無事に終了致しました。


ご参加頂きました、皆様ありがとうございました。


******************************************************************************




玄関サイズにぴったりなお正月リースを作ってみませんか?

新年をお気に入りのディスプレイで気持ちよく迎えられますよ!!

 日程:2017年12月16日(土)


時間:10:30~12:00(1時間半程度)



場所:GARDEN SHOP YOU


費用:2.000円(税込)☆お茶菓子、お茶付き


定員:6名様


※未就学児の参加は、保護者ご同伴でお願いいたします。





 お申込みは、お電話またはメールで!


☎:042-333-0074


mail: antique@gs-you.com


担当:長谷川・佐藤




 


11月18日(土)は毎月恒例のワークショップ開催日でした。


 


今回は「クリスマスアレンジメントづくり」


長持ちするコニファーや実ものを使ってクリスマスまで楽しめるアレンジメントを作りました。


 


店内は、花材のコニファーでとても良い香りです。


コニファー独特の香り、フィトンチッドは一言で言うと森林の香りです。


疲労回復やリラクゼーション効果があるんです。



コニファーをオアシス(吸水性スポンジ)に挿して形を作っていきます。


中央が盛り上がった水平の形に作っていきます。


この形は、テーブルや棚に飾るのに向いてるんです。



 


 オアシスが見えなくなるよう、3種類のコニファーを挿します。


挿していくと、もりもりのコニファーの山が出来ました!


ここからクリスマスのデコレーションに入ります。


 


 


大きく面積をとるものから挿していくのがポイントです。



 


松ぼっくりは、ワイヤーをかけてアレンジメントに挿していきます。


社長は、クルクルっと職人技のようにねじって、ワイヤーが綺麗にまっすぐ!


 


 


リボンや薔薇の実、造花でアクセントをつけたり、思い思いにデコレーション。


折り紙で作ったサンタのピックに顔を描いたり。


同じ花材を使っていても、それぞれの個性が出ます。


 



 


クリスマスアレンジの完成です。


少しづつお水を足しながら飾って、良いクリスマスを迎えてくださいね♪


素敵なクリスマスになりますように!


 


 


 


 


 次回は12月16日(土) 10:30~12:00


 ~お正月リース ワークショップ~


 みなさんのご参加、お待ちしております!



 


 



 


10月21日(土)は毎月恒例のワークショップ開催日でした。


 


今回は「ハーバリウムづくり」


ハーバリウムとは、瓶の中に咲く色鮮やかな植物標本のこと。


特殊な液体の中に植物を閉じ込め、長く鑑賞することが出来ます。


生花のように枯れることなく、お手入れもいらず、インテリアとして植物を楽しめます。


今、インテリアグッツとして、とても人気があります。



 


色のイメージを決めて、好みのドライフラワーを瓶に入れていきます。


始めは、お花を下にして入れていくのがコツです。


お花が崩れないように、そっと細い瓶の口に通していきます。



 


 ピンセットを使ってお花が外に向くように調整します。


お花が絡まって・・・


ピンセットでしばし格闘。



 


キレイな色合いにドライフラワーが入りました。


 


 


特殊な液体、ハーバリウムオイルを注いでドライフラワーを閉じ込めます。


こぼさないように、慎重に注ぎます。



 


リボンをつけて完成です!


オイルに閉じ込められたドライフラワーは、しっとりとした表情で、生き生きとした感じです。


ドライフラワーで見るお花とずいぶん印象が変わりました♪


玄関やリビング、テーブルの上にちょっと飾って眺められるサイズがとっても良いです。


 



 


 


 


 


 次回は11月18日(土) 10:30~12:00


 


~クリスマス アレンジ ワークショップ~


 みなさんのご参加、お待ちしております!


 


 



 9月16日(土)は毎月恒例のワークショップ開催日でした。


今回は「ハロウィン オーナメントづくり」


近頃はクリスマスと同じくらい、街中がハロウィンの飾りで賑わってますね。


かわいいハロウィンの飾りを使って、オリジナルのオーナメントを作りました!



 


 


お化けに見立てるのは、斜めに型取ったワックス。



 


まずは、型紙を元にお化けの帽子を作っていきます。


帽子の素材は、黒のフエルト。




 


 帽子が出来たら、お化けの顔をフェルトで作っていきます。


カワイイお化けか、怖いお化けになるか・・・


表情で決まります!



 


グルーガンを使って、プレートの上にデコレーション。


松ぼっくりやドングリ、赤い実、とっても秋らしい配色です。



 


帽子や松ぼっくりにマニキュアでラメのペイントをしたりして、


出来上がっていくにつれて、みんなアイディアがどんどん湧いてきてました!


集中しすぎて、予定の時間をオーバーしたけど、どれもかわいいハロウィンのオーナメントが出来ました!



 


 


 次回は10月21日(土) 10:30~12:00


~ハーバリウム ワークショップ~


みなさんのご参加、お待ちしております!


 


 




8月19日(土)は毎月恒例のワークショップ開催日でした。


夏休み中の開催ともあり、「ワークショップスペシャルデー」と題して


午前と午後を合わせて3回のワークショップを開催!



夏休みの自由研究にピッタリな楽しい企画を用意しました♪


 


☆1部 「保冷剤でおしゃれな消臭剤を作ってみよう!」☆


食品を持ち運ぶときに使う保冷剤は、消臭剤や芳香剤になります。


まずは、カラフルに保冷剤を色づけ。マジックや蛍光ペンで着色します。



 


紙コップの内側にペンで色を塗り、保冷剤を投入。


ぐるぐるかき回すと… なんと、保冷材に色がキレイに移ります。


アロマオイルを加えると辺りに良い香りが♪



 


可愛い瓶に着色した保冷剤を層に重ねます。


ビー玉や貝殻を中に入れてデコレーション。


どこに入れたらキレイかな?と子供たちは真剣です。


 


 


見てるだけで楽しくなる、おしゃれな消臭剤が出来ました☆



 


☆2部 「子供が大好きなバスボムを作ってみよう!」☆


湯船に入れるとシュワシュワ弾ける楽しい入浴剤。バスタイムがより楽しくなります♪


理科の実験のように材料を計ります。


材料は、重曹、クエン酸、コーンスターチ、バスソルト。入浴剤でも可。



 


計った材料を全部ビニール袋に入れて感触を楽しみながら混ぜていきます。


混ざったら、霧吹きでシュッ。お水を少しづつ足しながら混ぜ合わせます。


ぎゅっと握って塊になったらOK!です。



 


器に入れて、1日乾かせば出来上がり♪


みんな、楽しいバスタイムを!



 


☆3部 「レンガチップで作るオリジナルアート!」☆


どんな作品が出来るのか個性豊かなので完成が楽しみです。


 


まずはデザインを決めて、紙の上にレンガチップを並べてみます。


 


社長さん!出番です!


ボンドが額縁につかないようにテープで丁寧に養生します。



 


レンガチップを貼っていくために、ボンドを塗っていきます。


コテを使って薄くね。


真剣な表情の社長さん。


ん?なんだか顔がおかしいぞ!


思わずみんなで吹き出しちゃった♪



 


迷わずにレンガチップを並べていくのがすごいです。


聞いたら、パズルが得意だとか。


今は、400ピースを超えるパズルを作ってるそう。


何かわかるでしょうか?



 


こちらも何だか分かりますか?


 


 


おいしそうなスイカの出来上がりです!



 


夏らしいカブトムシの完成です!



 


次回は9月16日(土) 10:30~開催! 


近日、詳細ご案内します。


 


 


 


 


お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ