現場レポート

HOME » 現場レポート » 一番バッター

一番バッター


やけに寒い日が続き、足踏みしていた 3月の春でした。


春雷が響いた4月3日。それ以降、ぐんと暖かくなりました。


 


巷では、じりじり、たっぷりじらしてくれていた サクラの主役:ソメイヨシノも、


途端に、満開寸前に。



つぼみの濃いピンクと、花びらの白が絶妙に混ざる「さあ、いよいよ、」というこの時季が、


一番「うわ~!」と、高揚するタイミングかもしれません。


予感の季節。始まりの季節。



 


さて、弊社の小さな庭も、じわじわと(そして、時に唐突に)変化しています。


 


先に咲いていたミニスイセン‘ティタティタ’は 一斉に終わってしまい、



ラッパスイセンに交代。デイジーたちは すこぶる元気。


 



植えっぱなしのムスカリ(ブドウみたいなやつ)やら、ツルニチニチソウの花やら、


青系もちらほら咲き出しています。


このムスカリの花、とても良い香りがするんです。


ただ、背丈がすんごい低いので、その香りを嗅ぐのが大変。


這いつくばらないと楽しめない、貴重な香りなのです。


恥ずかしがらず、ぜひ、お試しあれ。



 


芽出しの時季は、水やりも大事。水まきしていると、


今年最初の虫が、飛び出してきました。



この庭で見た、今年一番最初の虫は、バッタでした。


一番バッタです。一番バッター。です。


 


そして、



一番モッコウバラも、発見!


淡いクリーム色の、小さなバラ。


 


弊社事務所のショールームは、毎春、モッコウバラに覆われるのですが、


昨年は、なるべく切らないようにしていたら、



こんな感じで、物凄いことに。


「ちょっと、やり過ぎちゃったかな。」というくらい、超モッサモサ。というか、ボッサボサ。


(去年の4月末の模様。)


 


さすがにこれ以上はちょっと、と思い、


今年の冬にだいぶスッキリさせて。誘引など、あれこれ手を入れたのですが、



はてさて、


この春は、いったい どんな景色が見られることやら。


 


お楽しみに・・・*


 


 


 


 


 


この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ