現場レポート

HOME » 現場レポート » 春分

春分


春分の日。ここからいよいよ、暖かくなる一方!(なはず!)


春もとうとう本格化です。


 


事務所の小庭の あの花もこの花も、勢いを増したかのよう。




ご覧の通り、


基本的に、「白」と「黄色」をメインカラーとしている、この庭。


そこに、


もっとも春らしい、あの色 = 「ピンク」も、いよいよお目見え。


 



ニワウメ(庭梅)」。咲きました。


 


前回のブログの通り、咲くまでは「ニワザクラ」だと思っていましたが、


花びらの形を見て、「あ、違った;」と判明しましたので、


さらりと訂正してお詫び申し上げます。


 


「ニワウメ」は、花びら5枚。梅みたいな花を咲かせる低木です。


一方、同じ仲間の「ニワザクラ」は、八重咲き(花びらがもしゃもしゃたくさんあるやつ)で、もうちょっと白っぽい花になります。


 


そもそもは、とあるお客様のお庭をリフォームした際、掘り上げた株の一部を、捨てるのももったいなくて、ここに仮移植したもの。


すっかり根付いて、3年目の春を迎えたところです。(3年間も、ニワザクラだと勘違いしていたんですね~;)


 6~7月頃に赤い実もつけるそうですが、、、今のところ、見たことがありません。

今年は実を付けるでしょうか?




ちまたのサクラたち(ソメイヨシノ)が咲くのを 今か今かと待ち焦がれている、この時季。


この色がもたらしてくれる“春本番っぽさ”は、やはり特別、気持ちを暖かくさせるものがありますね。



サクラ色の、ニワザクラ


、、、ならぬ、


ニワウメ。でした。


 


この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ