現場レポート

HOME » 現場レポート » 小さな庭の小さな春たち

小さな庭の小さな春たち


3月を迎え。


朝晩は まだまだ冷え込みが厳しい日が続いていますが、


巷では、春らしい色も、チラホラ見え始めていますね。


 


ここGARDEN SHOP YOUの小さな庭にも、“春”が、増えてきましたよ。


 


 


以前紹介したスイセンも、今や すっかり咲きまして



巨大カエルから逃げまどうテイだったのも、今は昔。


カエルを覆いつくさんばかりに、すっくと伸びてしまいました。


 


枯れたようになってひっそりしていたシバザクラも



 いつの間にか、咲いているものが、チラホラと。


 


「ニワザクラ」という、小さなタイプの桜も居るんですが、



じわり、あの色をにじませ始めています。


 


植えっぱなしの彼らの他に、


花屋さんで(やっぱり待ちきれず)買い付けてきた、新顔の苗たちも居ます。


 


カエルの手前のスイセン(ティタティタ)の手前には



デイジー。次から次へと、どんどん咲きますね。


 


白くてまんまるのつぼみが可愛い、



花かんざし。カサカサの紙みたいな質感の花です。


つぼみの時は、ガクの赤が際立っていて、


花を開けば、黄色い芯が現れます。


添え色に、真っ赤なオステオスペルマム(アフリカン・デイジー)。


 



 


水がめ小僧(というのでしょうか?)の周りには、



オステオスペルマムのピンクと、


白くひょろっと伸びた、ローダンセマム・アフリカンアイズ。


「〇〇マム」という名前がつけられていたら、それは洋物の「キク科」の花のことだと思って、だいたい正解です。


 


小僧の背後には、



ジンチョウゲ。


いま、巷のあちこちでも、ムンムンに香りを漂わせていますよね。


こちらは、葉っぱの縁が黄色い斑(ふ)入りタイプの、「前島」という品種です。


かぐわしい幸せの香りに対して、小僧のこの表情は、、、何なのでしょうか。春の憂鬱でしょうか。


 


他にも、


矮性(=低木タイプ)のミモザ ‛テレサ’ が



まだほとんど咲いていないのに、これまた独特な、上品な香りを、ほんわかと。


まもなくお客様の庭に植え付けられるのを待っているところです。


 


このシーサーの傍らには、さらに



3月11日のサタデー・ワークショップにて作られたばかりの 「多肉植物」の寄せ植えが、仲間入り!


ちびっこでも楽しく、あっという間に出来る、多肉植物の寄せ植え。


土台になっている石は、琉球石灰岩です。


 



 


こんな感じで、


ここGARDEN SHOP YOUの小さな庭は、いま、春の色んな香りを ぜいたくに漂わせて、


来たる春"本番″までの待ち遠し~~~~い日々を、やんわりと、癒してくれています。


 


毎月第3土曜は、いろんなワークショップをやっています。


ガーデン相談も、随時ご対応中!


今しか楽しめない春の香りを クンカクンカ堪能しがてら、ぜひぜひお気軽に、お立ち寄り下さい~*


 



 


この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ