現場レポート

HOME » 現場レポート » 【14】3回目の春~完結・満開編~

【14】3回目の春~完結・満開編~


4月も半ば。


長い雨が降り、



 


桜に 葉の緑が目立ち始めたのと同時に、


 



 


 


 


つぼみだった 赤黄色のチューリップたちも



 


一斉に開きました*


 


ドライウォールの花壇の縁取りを、延々、



 


ずら~~~~~っと。


 



 


途中、


ヤマブキの黄色にまぎれたりして。


 


真新しいハチミツ色だったコッツウォルズストーンも、徐々に‘汚れ’て/馴染んできて、


風合いが出てきました。


 



 


紅花トキワマンサク(=濃いピンクのもしゃもしゃした紐状の花の)や、


照り葉のシャリンバイら、


常緑の木々の足下を びっしり埋め尽くして、


にぎやかに華やいでいます。


 


色は派手なはずなのに やさしい可愛い雰囲気になるのは、自然の花の色だからこそ。


 






赤、黄色まじりのオレンジ、赤っぽいピンク、黄。


多分、植えたもの全部、咲いたみたい。

初年に植えたものと相まって、圧巻の、大量咲きです。


品種改良で出来た 新しい変わりダネのチューリップだと、1年しか咲かず、葉っぱだけになってしまうことがあります。

原種、またはそれに近いシンプルなものほど、植えっぱなしでも、繰り返し咲くようです。(数年経つと、咲かなくなるのもあるみたいですが。)





建物の東側にのびる花壇なので、全身に浴びられるのは、午前の光。


カップの花は 朝の光をたくわえて、元気を放ってくれているよう。


ムスカリの青紫も、負けじとふくらんでいます。




コデマリの 白い小さなつぼみの点々も 見えてきました。


樹も、新しい芽を吹いて、さりげなくモリモリして来ました。




改めて、、、ずら~~~~~っと!


春真っ盛り。そして、フワフワの新緑に見える、初夏の気配。


チューリップの明るい色が ぷっくらしている様は、その喜びを さらにふくらませてくれます。





2012年冬に竣工し、

2013年に初めての春を迎え、

2015年の、今年。3回目の春。



石は ゆっくり 渋い風格を増していき、


庭は めくるめく表情を変えながら、じっくり育っていくことでしょう。




ここに住まう人、

ここを行き交う人にとって、

通るたびに ほっこり やさしい気持ちになってもらえるような庭に、なりますように。










-完-







最後に、

各記事のリンクを。

  ↓↓↓



1:はじまり https://www.matsubara-ltd.com/?p=221


2:ドライウォール石積み外壁① https://www.matsubara-ltd.com/?p=844


3:外壁② エントランス https://www.matsubara-ltd.com/?p=865


4:外壁③ 石積みベンチ https://www.matsubara-ltd.com/?p=885


*(番外編):雪化粧 https://www.matsubara-ltd.com/?p=911


5:外壁④ まるく納める https://www.matsubara-ltd.com/?p=922


6:レンガづくしの中庭 https://www.matsubara-ltd.com/?p=956


7:ウッドデッキテラス https://www.matsubara-ltd.com/?p=998


8:駐車場① https://www.matsubara-ltd.com/?p=1025


9:駐車場② https://www.matsubara-ltd.com/?p=1049


10:植栽 https://www.matsubara-ltd.com/?p=1076


11:ガゼボアーチ https://www.matsubara-ltd.com/?p=1129



12:3回目の春~前編~ https://www.matsubara-ltd.com/?p=1341


13:3回目の春~中編~ https://www.matsubara-ltd.com/?p=1397



 


 




この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ