現場レポート

HOME » 現場レポート » 「コッツウォルズの家®」の植栽

「コッツウォルズの家®」の植栽


ついに完成した「コッツウォルズの家®」 第1号。


その外構と植栽も仕上がりました。



大胆なコッツウォルズ・ハニーストーンの「ドライウォール」石積み塀と、


アンティーク・ヨークストーンの石を貼った駐車場。



本場の雰囲気を踏襲した「ドライウォール」の小端立て。


その奥を垣間見ると、



イギリス製の立水栓。


それを包み込む森のような雰囲気を作りました。



 


右手にかぶさる赤葉のシンボルツリーは



常緑ヤマボウシ ‘月光’。


左にかぶさる つやつや明るい緑のサブ・シンボルツリーは、



モクレイシという、珍しい木です。


植え込み中の3月、ジャスミンのような良い香りをふんだんに放っていました。


その他、



ワイルドブルーベリーや、珍しい矮性ナンテン、斑入りセキショウ。


オレンジ色の花は、オステオスペルマム。



花壇の土留めは、「セミドレス」という、直方体に切り出されたサイズのコッツウォルズストーン。床面のヨークストーンに合わせて、グレー系を選んでいます。


家の外壁も、石積み塀も、土留めも、すべて本物・本場のコッツウォルズストーンです。



真っ赤なイギリスのVRポストの足下を彩るのは、



いずれこんもり大きくなる予定の、ラベンダー・グロッソを中心に、


桃色と白で統一して、春らしく演出。


 



 


コッツウォルズの石は、どの色の花にも合います。



やさしいベージュ色に包まれた、小さく可愛らしい庭になりました。


 



 


もう一つの庭は、


玄関~リビング前、ヨークストーン張りのポーチの、


コンテナガーデン。



オーナーの意向で、いろんなものをごちゃごちゃっと集めた感じを演出しています。



宿根の大花ワスレナグサや、ティアレラ、ウェストリンギア(オーストラリアン・ローズマリー)などなど


 プラス


セダムなどの多肉植物を集めたドライコンテナも。



 


大小の鉢で、色々もりもりしつつ、清楚に。



                   (シレネ)


 


「しっかり目隠しをしたい」というオーナーの意向に副いつつ、



            (右は、冬にイチゴみたいな実が成る、常緑樹、イチゴノキ。)


常緑樹ばかりでは重くなるので、


枝の多い落葉低木を、センターに。


 


4月を目前にして ようやく咲き出した、目が覚めるようなピンクのこの木は、


 



 ミツバツツジです。


 


 一番早く咲くツツジ。


 


 ツツジというと、


 丸く小さくみじめに刈り込まれた街路樹のイメージが定着してしまっていますが、


 自然樹形は とても野性味あふれる、美しい姿をしています。


 そして、この木は高さ2m。こんなに大きく立派になるのです。


 それでも‘低木’ゆえ、大きくなりすぎないので、家のコンテナガーデンでも安心。


 


 


あつらえてみると、一目瞭然、


植栽が入って 初めて、「家」も完成!


という感じになるんです。不思議と。


 花が咲くとたちまち華やいで、さらに生き生きした家になりますね。


 



窓前の植栽は、単なる目隠し役にとどまらず。




ぱっと目を惹く花木があれば、窓の奥のカーテンのそのまた奥よりも、手前の彩りに目が行くはず。


そして、


道行く人の目の保養(=癒し)になるのはもちろん、


家の中から見える外の景色にどうしても入ってしまう 味気ないアスファルト色を 巧みにぼかしたり、


空の色や光と相乗効果で溶け合って、


より素敵な風景に変えてくれたりするのです。


 


つまり、


植栽って、思っている以上に、大事。なのです。


 



 


生まれ立ての「コッツウォルズの家」は、


ただいま、


生まれ立ての春色に包まれています。


 



 


この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ